目の健康と美容の悩み

目の健康と美容の悩み解決の為の視点


幼少のこらから、もしくは加齢によって次第に目が悪くてコンタクトレンズやメガネを使っている方は多いと思いますが、視力矯正する方法としてレーシック手術や視力回復トレーニングもありますね。


元気 眼科へ通って今の眼の状態を調べて貰ったり、視力回復トレーニングで、毛様体筋と言うピントを合わせる筋肉の凝りをほぐすために、遠くを見たり近くを見たりするトレーニングがあるそうです。


また、目を温める事で、目の周りの筋肉が緊張している目が疲れた状態を緩和させることも期待が持てるでしょう。


人によっては近視による水晶体が厚くなってしまう状態を薄くしていくことができれば、かなりの割合で視力回復できたとする報告もされています。


それでは、老眼の人の場合はどうかというと、もしかしたら視力回復が望めないのではないかと考えるかもしれませんが、レーシック手術と似た様な技術も最近は開発されており、老眼の視力回復にも希望がもてるそうです。


視力回復効果が有ると言われているサプリメントを摂取してみるのも最近では人気で、ブルーベリーは昔から目に良い栄養素として上げられます。


よく言われているのが、ブルーベリーには眼精疲労を解消させてくれる効果が有るといわれており、眼の疲労感、眼の重圧感を緩和して視力回復効果が期待できるサプリメントとされています。


また、ビタミンAは目の粘膜を傷付けないようにして、ドライアイにならない様に保護してくれたり、目の網膜の健康を保ち、視力回復効果が期待されています。

自然


最近、注目のルテインは、ほうれん草や ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分で、目の老化を遅らせてくれるアンチエイジングに期待され、視力回復効果が望める栄養素として、サプリメントに配合されていることを良く見かけます。


目のサプリメントといえば、えんきんのような中高年の手元のピント調節力に働きかけるサプリが挙げられるでしょう。


目が疲れたなと感じたら、目の周りをマッサージして血行が良くし、視力の回復させようとする方も多いかと思われますが、俗に言う目のツボを押したりマッサージすることで、毛様体筋と言う筋肉にハリが戻り、目の疲れを回復させることも期待できます。


ただし、眼球を強く押さえたりしてしまうと、傷つけてしまい、かえって症状を悪化させてしまう心配もありますので、優しく注意しながら押したりマッサージしたほうが良さそうです。


疲れ目の時の目の健康対策


できるだけ長く目の健康を保つためには、疲れ目にならないようにコンスタントに十分な目の休息をとって、血液の循環を良くするためにマッサージや定期的な運動も大切でしょうし、もちろん正しい栄養を摂取することもとても重要でしょう。


疲れ目の時の目の健康対策に、欠かせない栄養素として目に良いビタミンB群が非常に大切で、積極的に補給することでスマートフォンや職場のパソコンを使用することで疲れ目を改善する効果が期待できます

目の疲れ


もしも、急激に目の疲れを感じるようならば、まずは目をやすめることが大切で、できれば1時間に10分程度の目の休憩を取るように心がけ、まぶたの周りを軽くマッサージすることも気持ち良くリフレッシュへ繋がることも期待できます。


眼精疲労が原因で様々な症状が出るのですが、眼のピントが合わせづらくなったり、目が乾くような感じ、ちょっと痛みを感じたり、充血しているのを確認することもあるかもしれませんし、なんとなく目に異物感があるような気がしたり、肩こりや頭痛がするケースも、ストレスとなりイライラすることもあるかもしれません。


豚肉やサバ、玄米などに多く含まれているとされるビタミンB1やB6、B12が不足すると視神経に支障をきたすことがあるようで、レバーや納豆、海苔などに含まれているB2が不足すると、血膜や角膜が充血しやすくなると言われており、視力回復にも役立つようです。


できれば、ビタミンB群は積極的に摂取することがオススメで、ビタミンB群はタンパク質や炭水化物などをエネルギーとするときに消化吸収を手助けする作用があるとされています。


疲れ目対策に、どうしてもと言う時には眼科でビタミンの錠剤を処方してもらうこともあるでしょうし、ビタミンB群の入った栄養ドリンクを勝ってきて飲むことで疲れ目に効果を感じるかもしれません。


目によい食べ物としてブルーベリー、カシスやニンジンがよく紹介されていますが、毎日の食事で積極的に摂ることも疲れ目の対策に有効的かもしれません。


更新状況