世界的に有名なボードゲームのモノポリーにアフリカ版が登場

世界的に有名なボードゲームのモノポリーにアフリカ版が登場したのだそうで、ナイジェリアのラゴス版であっという間に完売してしまったのだそうです。

モノポリーは不動産を売買するゲームとして人気があり、他人の土地に止まるとペナルティーが発生する仕組みなのですが、その国によって微妙にルールが変更になっています。

ゲームに登場する土地にはその国の事情を配慮して適切な場所が選ばれているのですが、カード引くポイントにとまるとその国の法律や社会のルールを学べる仕組みが大変ユニークになっています。

22世紀になると人口の比率でアフリカが経済的にも世界的に重要な場所になっている可能性がありますから、アフリカ版モノポリーが発売されましたが、今後内容がどんどん変化してくる可能性もあります。

もしかしたら世界中のモノポリーを日本で販売しているショップ等があるかもしれませんが、どのようなものが世界中で販売されているのが見てみたいなと思いますね。