エンキン【えんきん】

ファンケルえんきん1000円お試しセット

スマホやパソコンを長時間眺めているとぼやけてきたり、近くの物をみるときにピントが合わない、最近小さな文字が読みづらい等感じたら、テレビCMでおなじみの手元のピント調節に!ファンケルのエンキン(えんきん)です。

ファンケル(fancl)の手元のピント調整力を助ける機能性表示食品(サプリ)エンキン(えんきん)なら目の健康サポートするとされるブルーベリーやルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3-ルコシド、DHA等の成分が複数配合で、手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

えんきん

そんな手元のピント調整力等の目の悩みを改善してくれるとされるエンキン(えんきん)は、1000円お試しできるトライアルセットが用意されています。

一袋2週間分のえんきんお試しセットにもう一袋付いて、たっぷり4週間分もファンケルのエンキン(えんきん)お試しできるようになっています。

最近は子供さんや若い方でもスマホを長時間利用することで、かなり目を酷使して手元のぼやけが気になる方が増えているようです。

そんな時に、眼のストレッチを行ったり、疲れた目の筋肉をタオル等で温めたり、目の周りをマッサージしたりしている人もいるかと思いますが、1日2粒を目安に飲むファンケルのエンキン(えんきん)なら簡単にケアを継続できるはずです。

エンキン(えんきん)は機能性表示食品

エンキン(えんきん)は機能性表示食品として、消費者庁長官へ届けられています。

えんきんの機能性表示食品の届出番号:D46で提出されており、その届出表示の内容は、

本品にはルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれます。
本品は手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による一時的な肩・首筋への負担を和らげます。
また、ルテインは光の刺激から目を保護するとされる黄斑部の色素を増やすことや、コントラスト感度が改善する(ぼやけの緩和によりはっきりと見る力を助ける)ことが報告されています。

※消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

臨床試験もされており、エンキン(えんきん)を4週間摂取することにより、手元のピント調整力が改善されたと臨床試験結果で確認されています。

もちろん、個人差がありますのでどのぐらい手元のピント調整力が改善するか、ものすごい効果を感じる方もいらっしゃるば、そうでない方もいるはずです。

ですから、1000円というお得な価格で、14日分+14日分で4週間分もファンケルのエンキン(えんきん)をお試しできますので、どのくらい効果を感じるのかお試してみる価値はあるはずです。

おひとり1個1回のみの初回限定となっていますが、ぜひファンケルの公式サイトにてより詳しい情報を確認してみてください。


目の負担


仕事でパソコンを使用したり、日常生活の中でスマートフォンやタブレット端末などのデジタル機器を普通に使っているのが現代社会かもしれませんが、目の負担もかなり増えていると言えましょう。

職場では当然の様にパソコンを使わなければ、仕事にならないと言う事もあり、職場によってはかなりの長時間、目を酷使している方もいるでしょう。

何か調べ物をしたり、人気のゲームで遊ぶなど、スマートフォンはなくてはならない必需品となり、長時間の使用で、疲れ目や充血と言った症状に悩まされる方も少なくないでしょう。

特に流行っている大人気のゲームなどは、社会現象になるほど一度やり始めると根詰めしてしまうほどはまってしまい、かなり目を酷使してしまうことでしょう。

目の使いすぎによって起きてくる疲れ目の症状は、目がしょぼついたり、目が重いと感じたり、目の奥が痛くなるなど様々でしょう。

目を酷使しすることで、酸素や栄養補給のために血流が増えてしまい、白目が赤くなりやすくなり、充血がひどくなることもあるでしょう。

ひどい場合には、感染やアレルギー性の炎症に原因となることもあるので、注意が必要です。

目の酷使を防ぐ、もしくは緩和させるために、パソコンやスマホを使うと言うことは、ずっと近くを見ていることなので、できれば1時間に1回は遠くを見たりして目の筋肉を緩ませることが大切です。

画面の明るさが明るすぎると目の充血を引き起こす原因の一つになるかもしれませんし、ディスプレイ画面からのブルーライト(青い光線)によって引き起こされる眼精疲労によって頭痛に悩まされる方も多くなっているようです。

こまめに目を休ませたり、目を温めて血行を良くすることで、疲労を緩和せせることも効果的かもしれませんし、使用中に正しい姿勢を保つことで、目の負担を減らすことも可能とされています。

また、ドライアイと呼ばれている涙の量が減ってきて、目の表面に留まりにくくなってしまい目が乾いてゴロゴロしてしまう現象に悩む人もいらっしゃるでしょう。

原因はエアコンなどによる湿度の低下や風が当たること涙が蒸発しやすくなったり、作業に集中しすぎてまばたきの回数も減少してしまったことで分泌されるはずの涙の量が少なくなってしまう等、ストレスも涙の分泌を減らす理由の一つと考えられているようです。

加齢とともに年々手元のピントを合わせる調整力は衰えてしまい、涙の分泌量も減少してしまうこともあるようですが、ドライアイには点眼薬による治療も効果的とされています。

年齢と共に目も歳をとる


人間が年を取り衰えてくると避けられなくなってくる自然な変化のひとつが老眼とされており、40歳を過ぎた頃から水晶体の衰えによって調整機能が衰え、老眼の症状を自覚することが一般的とされています。

水晶体は薄いのが本来自然な状態で、遠くを見ている時の水晶体が薄くなり、近くの物を見るときは水晶体を厚くしてピントを調整しているのです。

ところが加齢によって水晶体の厚みを変える毛様体筋の動きが悪くなると、レンズの働きをしている水晶体の弾力性の機能が低下して、ピントの調整がしにくくなってしまうのが老眼とされています。

老眼になると水晶体が厚くなりにくいので近くの物が見えにくくなったり、ピント合わせに時間が余計にかかるようになり、日が疲れやすく暗いところで細かいものが見づらくなるとされています。

とうぜん目の状態が変化するので、これまで使用してきたメガネやコンタクトレンズが合わなくなってしまい、作り直す必要もあるでしょう。

このように加齢に合わせて目の水晶体のハリが失われ手元のピント調節を合わせる力が弱くなってしまう老眼ですが、本や新聞などを40cm以上離さないと読みにくい状態なら、老眼が進んでいると言えましょう。

その他に、目の病気の多くも年齢と共に目が歳をとることで起こるとされ、たとえば白内障は誰でも多かれ少なかれ年齢と共に水晶体が白く濁ってしまい、視力の低下を引き起こすとされています。

白内障は40代頃から増えてきて、80代になるとほぼ全員が発症するとされており、視力低下や物がかすんで見えるようになり、光をまぶしく感じたり、逆に暗く感じたり、物が二重に見える傾向があるようです。

加齢に伴い眼の網膜のなかでも特に見え方に深く関係すると言われる黄斑部の変性による加齢黄斑変性も、年齢が高くなるほど起こりやすくなると言われており、場合によっては失明の原因となりうるそうで、注意が必要でしょう。

40歳以上の中高年に多いとされる緑内障は、視神経が障害を受け視野が欠ける病気で、人間は普段は両目を開けて生活していますので補完する機能が備わっており、片方の目の一部が欠けていても自覚症状がありません。

内障で目が見えなくなっていても意外と気づかない方も多いのだそうですが、将来的に失明のリスクがあるそうです。

緑内障の原因として眼圧異常があり、眼圧を測定することで異常を見つけることできるのだそうです。

これらのように人はとも歳をとることで自然にピントを合わせづらくなる老眼や白内障、緑内障などの目の病気になることは避けられない変化なのかもしえません。

ですが、適切な手当、予防やサポートをして見づらくなる不快さを可能な限り克服し、楽しい生活を送りたいものです


目の若さを保つ


カラダもそうですが、目の若さを保つために酸化を防ぐ成分を含んだ抗酸化物を食べるようにすることで、目の老化を遅らせることも一つの方法です。

しかも、日々の食生活の中で普通に抗酸化物を食べるように心がけることで、何か特別な食事療法をするというよりは、より簡単に始められるオススメの方法です。

老化するスピードを少しでも遅らせる年齢に応じたエイジングケアに効果がある食べ物を食べることで、目の健康をより長く保つことができれば、目の組織が酸化して変性し白内障や加齢黄斑変性など、年齢による目の病気を少しでも起こりやすくならないようにすることは、カラダにも良い影響を与えてくれることでしょう。

身体の健康に野菜や魚介類を食べることが良いと言われていますが、抗酸化作用のある成分や血栓をつくりにくくするとされるDHA、EPAなどの成分を体内へ自然に摂取できるからです。

DHA、EPAの豊富な食べ物として、青魚(サバ、イワシ、ブリ、サンマ、アジ、マグロなど)は、ドロドロ血液を防止して、血栓が出来るのを防いでくれる効果が期待されています。

その他に抗酸化作用のある食べ物は、ピーマンやパセリ、ブロッコリーなどの野菜や果物に含まれるビタミンC、魚介類やナッツ類に多く含まれているビタミンE、体内でビタミンAに変わるベータカロチンをたくさん含む食材と言えば、緑黄色野菜が代表的です。

野菜や果物の鮮やかな彩りをつくっている色素成分とされるカロテノイド、ポリフェノールも抗酸化作用が期待される成分で、緑黄色野菜に豊富なβカロチンやルテイン、トマトなどの赤黄色の野菜に多くみられるリコピン、サケやエビ、力二などの赤色の成分であるアントシアニンなど抗酸化作用が期待できる成分です。

中でもいくつかの食材をあげるとすると、目によい食材としてブルーベリーが良く紹介されていますが、ブルーベリーに含まれているポリフェノールの一種であるアントシアニンという赤紫色の色素が、抗酸化物質として活性酸素の発生を抑制してくれ、目の疲れを抑え、り目の機能を改善し、視力の向上へ導いてくれると期待の成分です。

その他、山芋に含まれているコンドロイチン硫酸という成分は、目の角膜や水晶体の透明性を保ち、弾力性を保つ働きがあるのではないかと考えられています。

強力な酸化力を持っていて、ほかのものを変性させてしまう活性酸素によって、目の組織も酸化し、変性させてしまい、白内障や加齢黄斑変性など目の病気が起こりやすくなるとされています。

活性酸素

活性酸素は、生活習慣病に深くかかわっており、不規則な生活やストレス、アルコール、喫煙、脂質の多い食事、紫外線などにより発生してしまうとされており、身体や目を酸化させトラブルを進行させないためにも、生活習慣を気をつけた方が良いようです。

活性酸素を除去する働きをもつ酵素の構成成分として亜鉛があげられるのですが、牡蠣や力二、ウナギ、牛肉、豚レバーに豊富に含まれているので、これらの食材を食べるようにするのも良いでしょう。

酸化を防ぐ成分を含んだ抗酸化物を積極的に食べることは、それほど難しいことではなく、簡単に続けられると思いますが、その他のアイデアとして目に効果的とされるサプリメントを使うのも良いかもしれません。

小さな自然 目のなかの水晶体と網膜に存在しているルテイン、目の疲労回復に良いとされるブルーベリーのアントシアニン等が配合された目のサプリメントを選択するのも一つの方法です。

毎日数粒のサプリメントを飲むことは、割と簡単に続けられそうですし、効果を実感すれば自然と継続する決断になるでしょうし、実感しなければ中止すればよいのですから、サプリを選ぶのも一つの選択肢と言えそうです。


エンキン【えんきん】のサプリメント


若い頃は何も感じなかったのに、加齢とともに手元のピント調節力がなんかあやふやで、なんとなくボヤッと見える、特にパソコンやスマートフォンを長時間、時には1日中使わなければならない仕事でも、休憩を小まめにとって目を休めなければいけないところを、つい集中して、気がつくと小さな文字がぼやける。

目の使いすぎが原因なのでしょうが、読みたい文字がかすむとストレスに感じる、おまけに肩・首筋の負担を感じる症状が出るときもあり、目の使い過ぎ、年齢による目の衰えは悩ましい限りです。


だれでも年齢と共に「近点」と呼ばれる対象物をハッキリと認識できる最も近い距離が遠くなってくるのだそうで、個人差がありますが、30代だと約15センチの距離でも新聞や雑誌を読めたのが、40代で約30センチ、50代で約80センチと厳しくなり、60代では約100センチとなってしまうケースもあるのだそうです。

これは、近点調節力と呼ばれる近くの文字を見たり、ものにピントを合わせる調節力が弱ってくると ピント調節力が適正に働かず、近くのものにピントが合いづらくぼやけを感じたら、手元のピント調節にファンケルの目の機能性表示食品えんきんでケアしてみてはいかがでしょう(*^_^*)

ファンケルのえんきん 機能性表示食品【届出番号:D46】

本品にはルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれます。
本品は手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による一時的な肩・首筋への負担を和らげます。
また、ルテインは光の刺激から目を保護するとされる黄斑部の色素を増やすことや、コントラスト感度が改善する(ぼやけの緩和によりはっきりと見る力を助ける)ことが報告されています。

※消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

また、えんきんには1日2粒当たり最近注目のぼやけの緩和に役立つと期待される成分ルテインが10mg配合されており、光の刺激から目を守るとされる黄斑部の色素を増やす有用成分として、最近非常に注目されているようです。

ルテインの成分は、食物で特にほうれん草などの緑黄色野菜、それと草花として栽培される植物のマリーゴールドなどに多く含まれているとされています。

我々の体内の中では作り出すことができない成分、ルテインを目の健康の為に毎日の食生活の中で摂取することも可能でしょうが、比較的に簡単に、計画的に栄養成分を取り入れようとするのならば、機能性表示食品(サプリ)と言う形なら簡単に継続できてオススメです。


ぼやけを緩和して、手元のピント調整力をサポート

ファンケルの「えんきん」は、ぼやけを緩和して、手元のピント調整力をサポートへ、飲みやすいソフトカプセル状のサプリメントです。

年齢と共に目がかすむようになった、なんだかぼやけて見える、以前なら感じなかった物を見るときのピントを合わせるのに、ちょっと時間がかかるような感じがする。

特に40才以上になると多いのだそうですが、最初は見えていても時間が経つと何かかすみやぼやける不快な感じがするのなら、早めのケアをすることで、ある程度改善するかもしれません。

ずっとかすみがある状態で、目を休めても良くならないのであれば、何か病気の可能性があるので眼科などの専門医へ相談したほうが良いかもしれませんが、そこまで悪いと感じないのであれば、ぼやけを緩和して、手元のピント調節を助けてくれるファンケルの「えんきん」をまず最初に試してみても良いかもしれません。

人差がありますが、体験者の中には、かなり症状が改善してその効果を実感している人も多いようですし、あまり良さを感じなければ、もう続けなければ良いだけで、余計な出費は避けた方がよいでしょう。

でもたった1000円で試せるファンケルの「えんきん」トライアルセットなら、2週間分が二袋で合計4週間分も体験できますから、悩んでいる手元のぼやけが気になるときに、手元のピント調節をどのぐらい助けてくれるのか、自分自身で体験して判断できると思います。

ファンケル【えんきん】トライアルセット

ファンケル【えんきん】は手元のピント調整力を改善する効果が期待される機能性表示食品、ぼやけた時に、疲れ目に試したいブルーベリー&ルテイン配合の機能性表示食品(サプリ)です。

えんきんは1日2粒を目安に飲むことで、手元のピント調節力をサポートするとされる成分、ルテイン(10mg)、アスタキサンチン(4mg)、シアニジン-3-グルコシド(2.3mg)、DHA(50mg)、シアニジン-3-グルコシドは、ブルーベリー(ビルベリー)エキス(20mg)、黒大豆種皮エキス(26.5mg)を摂取できるようになっています。

機能性表示食品として消費者庁長官へ届けられており、手元のピント調節機能を助けると共に、目の使いすぎによる一時的な肩や首筋の負担を緩和してくれることが期待されています。

ただ、アレルギー物質とされる大豆が含まれているので、大豆アレルギー体質の方は、注意が必要でしょう。

ファンケルえんきんは、初めての方限定で1000円お試しセットが用意されていますので、お試し2週間分にもう1袋付いて4週間分、スマホやパソコンから申し込みできます!

エンキン【えんきん】